臓器の再生

組織から3次元の臓器を再生させるためにはいくつもの困難を克服しなければならない。

例えば 肝臓は、肝実質細胞も含めて7種類の細胞から
成り立っているが、血管〈類洞〉内皮細胞や肝実質細胞や
胆管上皮細胞が3次元的に配向し 小葉構造を作り 効率的な
代謝 解毒や 胆汁の分泌などを行っている。

一方 網膜では、視細胞 水平細胞 双極細胞
神経節細胞などが 規則正しく配向し 網膜での
光の受容に都合のいい構造を作っている。


このような3次元臓器がどのようにして出来上がっていくのか空間的
時間的なカスケード反応が自立的 組織的に行われていると予想される。


未来の再生医療では、肝臓や網膜や心臓などの3次元臓器が臓器として試験管内で
再生されるような時代が来ると予想される。