再生遺伝子

組織を再生させるときにキーとして働く遺伝子。
医療では,赤血球の基になる細胞を増殖させるエリスロポイエチンが年商1兆円を
越える医薬品として知られている。
他に顆粒球を増やす G - CSFや,肝実質細胞の再生を促す HGF(肝細胞増殖因子)も
再生遺伝子に含まれる。


これまで生体内には,種々の増殖因子,例えば PDGF(血小板由来因子)や
FGF(線維芽細胞増殖因子)などが知られているが,組織の再生に働き,医療に
貢献する未知の遺伝子はまだまだ多数あるものと思われる。