多検体自動培養装置

再生医療では,患者さんの体から取り出した細胞を
体外に取り出して増殖させ 再び患者さんに戻す
細胞治療が治療の一つとして考えられている。


この時,細胞へのウイルス,細菌,真菌の
感染汚染の問題や,細胞の取り違え防止などが
起きないような工夫が必要である。


また,
再生医療では百万人規模の対象患者を相手に効率よく細胞を供給する必要がある。
再生医療が一般に普及するためには 細胞培養での培地の交換や細胞分離の過程など
を全自動化させ 検体識別管理や品質管理を自動化させた装置が必須と考えられる。