クローン

  受精によらないで生じた,同じ遺伝子を持つ
細胞の集まりあるいは個体をクローンという。

体細胞の核を取り出し,卵細胞に注入後
子宮に戻すこことによって、カエルや羊やウシ
などのクローン動物の作製が可能になって
いる。また胚性肝細胞を子宮に戻すことでも
遺伝子の同じ個体が発生する。


これらの方法を人に応用すると、全く同じ遺伝子
を持つクローン人間が理論上できることになる。
発生を最後まで進行させず、個体にならない
状態で、臓器を取り出せば 拒絶のない移植が
可能だと予測する人も現れ センセーショナルな
議論を呼んでいる。
既存の人間が、人になる可能性のある別の
生命の犠牲の上で医療上の利益を得る
可能性を造ることは 倫理上問題があるとして
現在クローン人間に関しては先進国では
法律で禁止されている。

copyright 2003 AQUA IMAGE INC.