プラナリア

 
 渓流の岩を持ち上げると岩底に体長2-3ミリの
 扁平な生き物がへばりついている。

 体を体軸に沿って切ると,頭が二つの個体が出来たりする。

 体軸に沿った物質の勾配を認識することによって,体全体のどの位置に細胞が
 いるかという情報を知るのではないかという「位置情報理論」が盛んに研究され,
 一部実証され分子発生形態学に大きな影響を及ぼした。

 近年は強い再生能力の秘密を幹細胞レベルで研究する実験材料として
 注目されている。